カテゴリー: ブログ

ブロッコリー出荷の品質統一!

今月の6日に大信支店で秋ブロッコリーの目揃え会を開催しました。

農繁期にも関わらず、多くの生産者のが集まり規格、品質の統一を図り有利販売に繋げる為、目合わせを行いました。

 

例年ですと10月中下旬は大信支店の出荷最盛期なのですが、皆さんご存知の通り今年は早く寒さが訪れたことから、なかなか成育が進まず、出荷ピークを迎えておりません。

 

写真の発砲スチロールの中にブロッコリーが入っており、中島集荷場にて氷を入れ品質を保ちながらスーパー等の量販店へ並びます。

 

 

ブロッコリーは丸いドーム型の粒が揃った、絞まりの良いものが見極めるポイントです。

 

未だぐずついた天気が続き、台風も接近中ですが、これから収穫後半に向け品質の良いものを出荷していきますので、JA夢みなみのブロッコリーを店頭でお見かけしたら、手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

米初検査開始式と第2回JA夢みなみ肉用牛共進会~平田地区~

営農ブログをご覧の皆さんこんにちは!

平田支店管内の取り組みについてご紹介します。

 

 

~平成29年産米検査開始式~

10月5日(木)に平成29年産米検査開始式を開催し、

平田村の澤村和明村長、平田村役場職員、当JA役職員らが参加しました。

平田支店の米集荷目標が20,000俵となっていますので計画的に検査を実施しています。

検査用サンプル(刺し米)を採取する岡部専務

 

 

生産者から出荷いただいた米を見ながら等級付けを行っています。

10月5日に検査した米(267袋)は全て1等でした。

 

 

 

(10月2日に初検査を行った玉川支店と古殿支店の様子)

玉川支店

 

 

サンプル米を採取する古殿営農センターの職員

 

どちらの支店も全量1等米に格付けされ、全量全袋検査でも基準値を超えるものは無く安全・安心であることが確認されました。

 

 

~第2回JA夢みなみ肉用牛共進会~

10月6日(金)に畜産センター(石川町)で第2回JA夢みなみ肉用牛共進会が開催されました。平田支店管内(小平支部・蓬田支部)から10頭が代表牛として出品されました。

審査の結果、小平支部の村上謙二さん(第1区)と渡辺渡さん(第2区)が出品された牛が優等賞に選ばれました。

 

 

第1区で優等賞の村上謙二さんとはつしおひさ5号

 

 

第2区で優等賞の渡辺渡さんとりょうこ号

 

 

優等賞に選ばれた2頭は今年の11月1日に福島県家畜市場(本宮市)で開催されるJAグループ和牛育成管理共進会にJA夢みなみ代表牛として出品されますので和牛に興味がある方はぜひ会場にご来場ください。

 

 

 

 

平成29年産米初検査・全量全袋検査(あぶくま石川地区)

営農ブログをご覧の皆様、こんにちは!

 

残暑も和らぎ、爽やかな秋風が吹くころとなりました。所々で稲刈りが始まってきましたね。

当JAでも各地区で平成29年産米における品位等の初検査が始まりました。あぶくま石川地区では9月20日に浅川町、9月26日に石川町で行いました。

 

【浅川支店 箕輪倉庫にて】

9月20日に全量全袋放射性物質検査の開始式と初検査を行いました。

当JAの岡部専務は「安全な米を消費者に供給し安心して食べてもらえるように検査等をしっかり行っていき、長期間になるので事故の無いように作業してほしい」とあいさつしました。

 

浅川町の須藤一夫町長と岡部専務が検査機のスイッチを押し、起動させました。

 

 

全量全袋検査開始式後、農産物検査員(JA職員)が「ひとめぼれ」を約200袋(1袋30キロ)検査し、全量1等米に格付けされ、上々のスタートとなりました。

 

 

 

【石川支店 谷津倉庫にて】

9月26日に初検査式を行いました。

遠藤常務は「8月から悪天候が続き心配されたが、9月から天候が回復してきた。豊作になるようにこのまま好天が続いてほしい」とあいさつしました。

今年の米の品質状況を確認する当JA理事の角田幸吉理事(左)と高原喜國理事(中央)

 

 

 

サンプル米を摂取後、農産物検査員(JA職員)による検査が行われ、酒米の「美山錦」618袋、「コシヒカリ」571袋が全量1等米に格付けされました。

 

 

今年の生育状況は日照不足と低温の影響で生育は遅れ気味であるが、品質は良好です。10月にピークを迎え、作業は11月中旬まで続きます。当JA全体の集荷目標52万俵の内、あぶくま石川地区管内では10万俵を集荷目標とし取り組んでいきます。

今後、あぶくま石川地区では10月2日に玉川村と古殿町、10月5日に平田村で初検査を行う予定です。

水稲適期刈旗立て 西郷支店

こんにちは、営農最前線をご覧になっている方々

そろそろ稲刈りの時期になり、どの時期に刈取をした方がいいか悩んでいる方もいると思いますが

毎年、しらかわ地区管内では稲作部会で実施している「適期刈取旗立て」の紹介を致します。今回は地元の西郷第二中学校の生徒の職場体験もあり一緒に実施致しました。

品種により刈取適期温度が異なり ひとめぼれは950~1,000℃、コシヒカリは1,000~1,050℃、天のつぶ1,000~1,100℃と違く今回はひとめぼれを中心に管内30ヶ所設置いたしました。

これから農繁期で作業が忙しくなりますが事故等が無いよう気をつけていただけたらと思います。

野木沢小学校 学校田の様子について

営農ブログをご覧の皆様、こんにちは。

前回お知らせした「野木沢小学校の学校田の様子について」ご紹介します。

 

 

 

4月28日に開墾して5月10日に田植えしてから…

 

5月30日

 

6月8日

 

 

 

6月22日

 

 

 

6月30日

 

 

 

7月24日

 

 

8月18日

 

 

 

8月25日

 

8月25日には穂が出揃いました。しかし、生育が良すぎて稲が倒れてしまったようです。

営農担当者は子どもたちに紐で縛って立てといてくださいと指導しました。

稲刈りの日が楽しみですね。

 

梨本格出荷

皆さんこんにちは、9月に入り季節も秋になり、秋の果物の代名詞である梨が本格出荷になっています。

  

果実選果場で選果している様子と、箱詰めされたようすの写真です。

生産者が丹精込めて作った梨を丁寧に選果をし、等階級毎に区分けします。

 

   

JA夢みなみ東支店の果樹生産組合 北條氏の圃場にて写真をいただきました。

北條氏より『皆さん、私たちが丹精込めて作った梨は、とても美味しいです。是非、食べて下さい。』とにこやかに話してくれました。JA夢みなみ産梨を見かけたら、是非ご賞味ください。

 

 

 

 

 

古殿地区のミニトマト樽栽培について

みなさん、こんにちは。

今回はあぶくま石川地区古殿支店管内から営農情報をお届けします。

 

古殿町でミニトマトを栽培する有賀直吉さんの圃場の写真を撮らせていただきました。

有賀さんはハウス内にて樽栽培でミニトマトの栽培を行っています。

古殿町では5人のミニトマト生産者が樽栽培を行っています。

 

 

 

7月22日に定植。

6段目の花が開花し、生育は良好。

 

 

これが花です。

9月下旬に収穫時期を迎えます。

 

 

 

こちらは8月11日に定植。

病気もなく良好。

あと1か月後ぐらいにマルチを被せます。

10月下旬頃に収穫時期を迎えます。

 

 

 

有賀さんは6月8日に放送されたKFB福島放送「ふっくん&しまちゃん天気予報」に出演しました。

山崎聡子アナウンサーが圃場を訪れ就農の経緯、畑の様子や今シーズンの出来などについてインタビューしました。

6月8日に収穫したミニトマト。

品種は「サンチェリーピュアプラス」。甘酸っぱくフレッシュな味わいで病気に強く栽培しやすのが特徴。

 

次回、あぶくま石川地区からは4月に開墾作業から田んぼづくりをスタートした「野木沢小学校の学校田の様子」についてご紹介いたします。

ナスの生育状況とあさかわ漢方資材栽培米について~浅川支店~

営農情報をご覧の皆様、こんにちは!

今回は浅川支店から情報をお届けいたします。

テーマは「ナスの生育状況」と「あさかわ漢方資材栽培米とは?」です。

 

「ナスの生育状況」

浅川支店管内にはナスの生産者が2名います。

そのうちのお1人、鈴木さんの圃場にお邪魔しました。

鈴木さんは5月25日に苗250本を購入し、5月29日にナスの定植を完了しています。

 

ナスの花です。ナスは花を見れば生育状況が分かるといわれており、花が大きく濃い紫色をしている花のものは良好です。

この花が咲いて約2~4週間ほどたつと実がなります。

 

現在は定植から1ヶ月ほど経過しているので生育は良好です。

しかし、今年はダニの発生が多くみられるようなので防除の徹底が必要です。

また、例年だと7月初めに出荷が始まるのですが6月の低温の影響で生育が遅れており出荷が1週間ほど遅れています。

 

「あさかわ漢方資材栽培米とは?」

浅川町では、「あさかわ漢方資材栽培米」という特別栽培のお米を栽培しております。

特別栽培用の肥料・農薬を使い、基準よりも化学肥料・農薬の成分を5割以上削減した栽培方法です。

 

昨年には、あぶくま石川地区管内で行われている食味コンテストで「最優秀賞」に選ばれ、仙台市で行われた環境保全型農業推進コンクールで「東北農政局長賞」を受賞しました。

「東北農政局長賞」を受賞した時のあさかわ漢方資材栽培米生産部会の皆さん

 

また、浅川町のふるさと納税返礼品にも漢方資材栽培米が使われています。5kgの漢方資材栽培米とあぶくま石川地区で精米した「あさかわ漢方資材栽培米」「ひとめぼれ」「こしひかり」各450g(3合)詰め合わせセットがあります。

詰め合わせセット

 

浅川中学校の3年生にも合格祈願舞として、漢方米が1升(1勝)を贈呈しています。

 

   

今後は、花火の里あさかわ漢方資材栽培米の生産面積を増やし、地元はもちろん、県外での知名度を上げる活動をしていきたいです。

いよいよ夏秋トマト本格出荷開始・・・・23

 

皆さんこんにちは、気温も高くなりはじめ、いよいよ夏秋野菜の出荷時期となりました。

夏秋野菜の中でも、今回はJA夢みなみのしらかわ地区のトマトを紹介したいと思います。

 

上記の写真は、白河支店管内の生産者の圃場です。

まだ収穫前の青いトマトですが、順調に生育は進んでいます。

今の収穫段数は、2段目を収穫し、おいしそうな赤色に着色しています。

収穫したトマトは、中島村のトマト選果場へ搬入します。

 

トマト搬入用コンテナに粗選別をしたトマトが搬入され、白河支店管内のトマトはもちろん、しらかわ地区管内のトマトが搬入せれます。

今年度から、いしかわ地区のトマトも搬入されています。

 

上記の写真は、選果場でトマトを選果している写真です。

選果されたトマトは、各等階級ごとに箱詰めされます。

生産者が丹精込めて栽培した、JA夢みなみのトマトは、主に関東の市場へ出荷されます。

皆さんも、スーパーなどで、JA夢みなみのトマトを見かけましたら、是非ご賞味下さい!!

 

 

玉川村管内の小菊電照栽培について

営農情報をご覧の皆さま、こんにちは!!

 

数えきれないくらいの種類があり、赤、白、黄色など綺麗な花を咲かせる小菊。

今回は玉川村管内で行っている小菊電照栽培についてご覧ください。

 

小菊電照栽培とは?

小菊は日照時間が短くなると花芽を形成し、開花する性質があります。その為、花芽が形成される前に、夜間にも人工的な光を当てて、昼間の状況を長くし成長を遅らせ、需要時期となるお盆やお彼岸に多く出荷できるよう調整する栽培方法です。

 

 

同管内には小菊生産者が8人おり、その内4人が電照栽培に取り組んでいます。

近年、夏の高温により小菊の開花が早まる傾向にありました。その為、昨年から電照栽培を導入しています。

 

 

今回は佐久間さんのフィールドにお邪魔させていただきました。

 

日中の様子。

 

夜間の様子。

現在は、お彼岸用の小菊に電照を行っており、7月10日頃まで実施されます。

 

 

 

小菊は栽培する上で最も注意が必要なのは白さび病と害虫です。

 

実際に白さび病にかかった葉。

毎週一回は消毒が必要です。

 

 

害虫の対処法として…

ペットボトルに黒砂糖・お酒・お酢を混ぜて入れ、掛けておくと

虫が中に入り、捕獲することができます。

 

 

 

佐久間さんが小菊の栽培を始めたきっかけは

玉川村で小菊栽培者の募集があり、奥様が花好きだったということから小菊の栽培を始めました。

佐久間さんは「綺麗な花を育てるために我が子のように手間をかけて愛情込めて育てている。小菊は愛情を込めて丁寧に育てると自然と綺麗な花が咲くんだよ」と笑顔で話してくれました。

 

JAでは小菊生産者を募集しています。

花が好き!栽培してみたい!など興味がある方はお近くの夢みなみ各支店にお問い合わせください。