三神支店管内生育状況について・・・28

皆さんこんにちわ!三神支店管内野菜の生育状況について報告致します。

三神支店管内を代表する野菜は、旬太郎トマトやきゅうりなどでありますが、

実はその他にも作っている野菜は数多くあります。今回はそういった野菜を紹介します。

 

まず、今年度出荷より新規で取り組んだ玉ねぎです。新規で3名の生産者(作付面積約30a)が、昨年10月下旬に定植を行いました。現在のようすは、追肥を2月下旬と3月下旬に実施し、順調に大きくなっております。

4月に入って適度な雨があったことで生育は順調です。葉の長さは50cm前後となっております。

 

 

続いて紹介するのは、同じく新規で取り組んだ「うすいエンドウ(グリーンピース)」です。こちらも1名の生産者が昨年種まきを行い、5aほど作付を行いました。

現在は草丈50cmまでの生育となっており、5月下旬から6月上旬に出荷が始まる予定です。関西方面(大阪)では、豆ご飯などにして食べる文化があり、需要があるとのこと。

 

 

続いて、しらかわ地区といえば、春野菜の一つ「ブロッコリー」です!!

三神地区管内でも15名の生産者が作付を行い、ハウス物が今月末頃から出荷開始となる予定です。今年度の作付面積は425a(昨年は240a)ほどあり、

他支店に比べ少ない作付面積ではありますが、ここ数年の高値の影響で面積は増えております。

下の写真はハウスブロッコリーです。品種 ピクセル 播種2/1 定植3/1 出荷開始予定4/30~5/1 現在は花蕾が約8~9cm程度となっております。

 

下の写真は露地物のブロッコリーです。品種 ピクセル 播種 2/10 定植 3/25 パオパオ+マルチ栽培 出荷開始は5/15~5/17頃

現在葉の枚数は10~11枚で、花蕾は約1cm程度となっております。

 

 

続いて、三神支店といえば、「なす」を紹介しなくてはなりません!! (夏野菜の定番!!)

今年度は13名の栽培者がおり、昨年より1名減ったものの、今年度2名の新規生産者もおります。

作付面積は120aほどあり露地栽培がメインとなっておりますが、三神管内ではハウスなすの生産者もおります。

品種 くろべえ×トルバムビガー 定植 3/18 出荷開始予定は5/10頃を予定

生育は順調で、果実も日々大きくなっております。

 

最後に紹介するのは、管内でも珍しい「ほおずき」です。

三神支店管内では、1名の方が昨年11月に植付を行い、今年度8月上旬の出荷に向け日々管理しているところです。

霜よけのため現在はトンネルで管理しておりますが、中のようすは上の写真のとおり順調に生育しております。

 

今回紹介したのは、実はほんの一部で、そのほかにも中玉トマト・とうもろこし・つるむらさきなどがあり

これからの夏野菜にかかせない野菜がたくさんあります。(もちろん秋冬野菜もたくさんあります!)

そんな三神管内の野菜をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する

CAPTCHA