農繁期迎えて~029

皆さんこんにちわ。田植えも終盤となり、農繁期を迎えております。

管内では先日、麦の赤カビ病の防除をラジコンヘリコプターにて実施致しました。

赤かび病は、麦の開花期に赤かび病菌が穂に感染することによって起こる 病害です。人や家畜に対して有害なかび毒を生成してしまいます。また、農産物検査規定においても赤カビ被害粒が混入してしまうと規格外となってしまうことから、適期防除を行わなければなりません。

今年は降水不足で生育が遅れてしまい生育調査を行い、開花期にあわせた適期防除を行うことができました。

 

また、当管内では主要品目の一つであるブロッコリーが出荷が始まりました。

今年度の作付面積は約18haであり、6月上旬の出荷ピークを見込んでおります。

5月19日には規格・品質の統一を図る為、ブロッコリーの目揃い会を開催しました。

今年は降雨不足、低温などの影響から平年より多少遅れた出荷となりましたが、高品質のブロッコリーにより更なる夢みなみブランドの確立の為、生産者の方々が真剣に目揃いを図りました。

コメントを投稿する

CAPTCHA