ナスの生育状況とあさかわ漢方資材栽培米について~浅川支店~

営農情報をご覧の皆様、こんにちは!

今回は浅川支店から情報をお届けいたします。

テーマは「ナスの生育状況」と「あさかわ漢方資材栽培米とは?」です。

 

「ナスの生育状況」

浅川支店管内にはナスの生産者が2名います。

そのうちのお1人、鈴木さんの圃場にお邪魔しました。

鈴木さんは5月25日に苗250本を購入し、5月29日にナスの定植を完了しています。

 

ナスの花です。ナスは花を見れば生育状況が分かるといわれており、花が大きく濃い紫色をしている花のものは良好です。

この花が咲いて約2~4週間ほどたつと実がなります。

 

現在は定植から1ヶ月ほど経過しているので生育は良好です。

しかし、今年はダニの発生が多くみられるようなので防除の徹底が必要です。

また、例年だと7月初めに出荷が始まるのですが6月の低温の影響で生育が遅れており出荷が1週間ほど遅れています。

 

「あさかわ漢方資材栽培米とは?」

浅川町では、「あさかわ漢方資材栽培米」という特別栽培のお米を栽培しております。

特別栽培用の肥料・農薬を使い、基準よりも化学肥料・農薬の成分を5割以上削減した栽培方法です。

 

昨年には、あぶくま石川地区管内で行われている食味コンテストで「最優秀賞」に選ばれ、仙台市で行われた環境保全型農業推進コンクールで「東北農政局長賞」を受賞しました。

「東北農政局長賞」を受賞した時のあさかわ漢方資材栽培米生産部会の皆さん

 

また、浅川町のふるさと納税返礼品にも漢方資材栽培米が使われています。5kgの漢方資材栽培米とあぶくま石川地区で精米した「あさかわ漢方資材栽培米」「ひとめぼれ」「こしひかり」各450g(3合)詰め合わせセットがあります。

詰め合わせセット

 

浅川中学校の3年生にも合格祈願舞として、漢方米が1升(1勝)を贈呈しています。

 

   

今後は、花火の里あさかわ漢方資材栽培米の生産面積を増やし、地元はもちろん、県外での知名度を上げる活動をしていきたいです。

コメントを投稿する

CAPTCHA