米初検査開始式と第2回JA夢みなみ肉用牛共進会~平田地区~

営農ブログをご覧の皆さんこんにちは!

平田支店管内の取り組みについてご紹介します。

 

 

~平成29年産米検査開始式~

10月5日(木)に平成29年産米検査開始式を開催し、

平田村の澤村和明村長、平田村役場職員、当JA役職員らが参加しました。

平田支店の米集荷目標が20,000俵となっていますので計画的に検査を実施しています。

検査用サンプル(刺し米)を採取する岡部専務

 

 

生産者から出荷いただいた米を見ながら等級付けを行っています。

10月5日に検査した米(267袋)は全て1等でした。

 

 

 

(10月2日に初検査を行った玉川支店と古殿支店の様子)

玉川支店

 

 

サンプル米を採取する古殿営農センターの職員

 

どちらの支店も全量1等米に格付けされ、全量全袋検査でも基準値を超えるものは無く安全・安心であることが確認されました。

 

 

~第2回JA夢みなみ肉用牛共進会~

10月6日(金)に畜産センター(石川町)で第2回JA夢みなみ肉用牛共進会が開催されました。平田支店管内(小平支部・蓬田支部)から10頭が代表牛として出品されました。

審査の結果、小平支部の村上謙二さん(第1区)と渡辺渡さん(第2区)が出品された牛が優等賞に選ばれました。

 

 

第1区で優等賞の村上謙二さんとはつしおひさ5号

 

 

第2区で優等賞の渡辺渡さんとりょうこ号

 

 

優等賞に選ばれた2頭は今年の11月1日に福島県家畜市場(本宮市)で開催されるJAグループ和牛育成管理共進会にJA夢みなみ代表牛として出品されますので和牛に興味がある方はぜひ会場にご来場ください。

 

 

 

 

コメントを投稿する

CAPTCHA