収穫祭 野木沢小学校

 12月14日、石川町立野木沢小学校の5年生20人が収穫祭を開催しました。

子供たちが田んぼの開墾作業から収穫まで行った、もち米「こがねもち」で餅つきを行いました。保護者の方もお手伝いで参加しました。

 

保護者の方が持ってきてくれた杵と臼を使用。児童たちは一人ずつ重い杵を持ち、みんなで「よいしょー!よいしょー!」と掛け声を出しながら、臼に入った餅に向かって、一生懸命振り下ろしていました。

 

 

 

ついた餅は食べやすい大きさにちぎって丸め、醤油、じゅうねん、ゴマ、みたらし、きなこ、あんこの6種類の中から自分で選んでつけて食べました。また、一緒にけんちん汁も作りました。

 

児童たちは「やわらかくて美味しい。もっと食べたい」と美味しさに絶賛し、お腹いっぱいになるまで味わっていました。

また、11月30日に古殿小学校と12月13日に玉川第一小学校でも収穫祭を行いました。

当JAではあぶくま石川地区管内の小学校や子ども会で1年間を通して行ってきた米作りの成果発表を2月4日に「食育のつどい」として開催します。

 

コメントを投稿する

CAPTCHA