営農情報

秋冬ニラ栽培(被覆・収穫管理)

2016.12.12野菜

秋冬ニラ栽培【被覆・収穫管理について】


すかがわ岩瀬地区営農経済部
担い手支援課
小針 義仁

◆ニラの生態から見た被覆時期について

 ニラの根株充実の目安である根重は、2年株で8月下旬から緩やかに始まり、11月中旬~12月中旬に最大となります。1年株は9月中旬以降急激に始まり12月上~中旬に最大となります。
 そのため、ビニール被覆開始時期は2年株は根株の充実したものから順に10月上旬より被覆し、1年株は休眠の明け始める11月中旬以降より順に被覆します。
※1年株、2年株ともに生育が遅れ、根株の充実が悪いものは被覆を遅らせる。

◆ビニール被覆からの手順
①ハウスビニール張り
 ビニールを被覆し、圃場が湿っている場合はサイドを開けて湿度を抜く。
②地上部の刈捨て・持ち出しと清掃
 葉茎を地際いっぱい刈り取る。
  ※年生の古い株、浅植えの株では、球根部を切らないよう注意する。

          ↓
 刈り捨てた葉茎をハウス外に持ち出し、ハウス内を清掃する。


③薬剤防除
  刈り取り直後、薬剤散布して病害防除する。
  ・トップジンM水和剤(1000倍)⇒3ℓ/㎡潅注
  (使用時期 ⇒ 収穫21日前まで)
 ナメクジ等には薬剤処理を行う⇒スラゴ等にて


④潅水チューブの設置
 乾燥しやすい圃場では1畦おきに設置する。
※収穫間際の潅水・多量潅水は、ハウス内の過湿を引き起こし、トロケ症等の傷みが発生するので注意する。
⑤マルチ張り
 グリーンマルチ0.02及び0.03厚を全面に張り、株に合わせて切り込みを入れる。
⑥内カーテン張り
  使用に備えて設置しておく。


◆収穫・調整
①収穫適時期
  収穫は露の切れた時間帯に行う。また、ハウス内温度が25℃以上の時には収穫しない。
②刈り取り方法
  ⅰ 地際よりやや高めで土をつけないように刈り取る。
  ⅱ 2回目以降の刈り取りは、刈りカスをつけないよう、前回と同じ位置か幾分高い位置で刈り取る。
③調整方法
  ニラの下葉の短い葉・枯葉・病葉等を除去し、また株元のゴミ、土を布で丁寧に除去する。


☆ポイント☆
トロケ症の予防のため、切り口の水洗いは絶対に行わない!!

Page Top