営農情報

水稲管理

2017.04.14お米

水稲管理情報



すかがわ岩瀬地区支援センター
地区営農経済部担い手支援課
武田 直大

1、水稲育苗の管理ポイント
種まき後管理
(1)芽出が揃うまでには1週間程度かかりますが、気象条件によって変動します。
  そのため太陽シートやホワイトシルバーなどの資材を利用してください。
(2)天気の良い日はハウス内の温度が急激に上昇し、高温障害を引き起こしやすいので、30℃を超えないように早朝から換気を行い、温度管理には充分注意してください。

<生育する苗の種類>

苗の種類 葉齢(葉) 草丈 播種量(g/箱) 育苗日数(日)
稚苗 2.2~2.5 10~13 160~180 20~25
中苗 3.0~3.9 13~15 100~120 30~35


2、育成管理ポイント
温度管理
(1)育苗中は、適切な温度管理と水管理が重要です。
(2)温度管理で大切なことは、昼の高温・夜の低温対策です。夜間の温度を確保するために保湿資材を利用することが重要です。
(3)緑化期のハウスの理想温度は、「昼間20℃~25℃、夜間10℃~15℃」です。

<ハウス適正温度>

ハウス 理想温度
昼間ハウス 20℃~25℃
夜間ハウス 10℃~15℃


水管理
(1)水やりは、午前中に行いましょう。
(2)夕方に水やりを行うと、夜間に温度が下がり根張りが悪くなります。水やりのしすぎは徒長要因となりますので注意しましょう。
(3)田植え直前は、苗を自然環境に慣れさせてから行うようにしましょう。

これらのポイントを踏まえて、5月の田植えに臨みましょう!

Page Top