営農情報

ニラ(春播き秋冬取り)

2019.11.15野菜

ニラ(春播き秋冬取り)

 

秋冬ニラの収穫時期となってきました。ここでは栽培のポイントについて説明します。

 

石川支店営農生活課 添田 康貴

 

 

<品種>

 ハイパーグリーンベルト、タフボーイ等

 

 

<播種床育苗>

 ・作付1年目は、露地に播種床を作り、播種し定植まで管理をします。

  (チェーンポットを利用すると育苗の労力が軽減されます。)

 

 

<株養成中の管理>

 ・定植後、3回の土戻し作業を行い、3回目にて畝を平らにする。

  1回目:5月下旬(定植2年目以降)

  2回目:6月上旬から中旬

  3回目:7月下旬

 ・花刈りは、7月下旬より株の充実を良くするため早く行う。

 

 

<収穫前管理>

 ・ハウスビニールを掛ける前に、地上部を刈り取る「捨て刈り」を行う。

  ※その後、発生する新芽から収穫する。

 ・捨て刈り前に施肥として、窒素5.6kg、リン酸19kg、加里5kgを株元散布し、

  保温の為、内張りをし二重被覆する。

 ・地温上昇と雑草対策として、株にかぶせるようマルチ掛けする。

 ・2~3週間で新芽がマルチを押し上げてくるので、ニラが地上に出るよう穴をあける。

 

 

<収穫>

 ・収穫適期は、葉が40~45㎝位になった頃に刈り取る。

 

 

Page Top