トピックス

秋冬ニラ規格確認

2023.01.25

秋冬ニラ規格確認/すかがわ岩瀬地区秋冬ニラ統一目揃会

 JA夢みなみすかがわ岩瀬地区は1月17日、須賀川市のきゅうりん館で秋冬ニラ統一目揃会を開きました。ニラ部会役員や須賀川農業普及所、市場関係者、JA職員ら15人が参加。品質のばらつきを見直し、同部会員役員や各支店の営農指導担当者に品質統一の徹底を呼び掛けました。
 市場担当者から販売情勢について、「昨年のクリスマスシーズンの大雪により出荷量が大幅に減少したが、年明けから回復。しかし、葉の長さが短く黄変も多い状況となっている」と説明しました。その後、各支店の担当者から出荷状況と生育状況を報告し、情報共有を図りました。
 須賀川農業普及所の担当者からは栽培管理について、1月14日から2月上旬までの約1か月間、気温の変動が大きい見込みであることから、ハウスの温度管理及び換気についてアドバイスをしました。
 目揃会では各支店からニラを持ち寄り、長さや葉幅、量目を査定。市場担当者は、「葉幅の厚み、長さも十分だが、調整不足が問題」と指摘しました。JA担当者は「今日の目揃会で出た要望等は生産者に報告し、徹底管理していきたい」と話しました。

写真=ニラの査定をする関係者ら

Page Top